講師ブログ

4 / 41234

生き直し~「整」と「動」チャレンジ開始!

16.11.10

 

前回の続きです。

客観的に見る~傷だらけの私。

その3ヶ月が、私の人生のターニングポイントだったことは言うまでもありません。

まだまだ不安定ではありましたが、マインドを整えつつ、自らの夢に向かってチャレンジを始めました。

この両輪を動かすのが、コーチングの魅力だと言えます。

傷を癒すことだけに集中しない。

自分を整え未来を見据えて動きながら、つまづいたところで見直しをする。

自分の本音と現状と、理想の未来とのギャップを埋めていく。

lgf01a201411091600

人の成長は、らせん階段のようで、何度も同じところでつまづいたりする。

けれど、前回よりも今回、今回よりも次回は違うのです。

その違いに気づけるまでは少し時間が必要かもしれませんが、ゴールを決めたなら諦めない限り必ず「そう」なれます。

ワタナベさんのブログと出逢ってから5年。

コーチングを受けてからは3年半。

只のネガティブな主婦だった私が、楽ちんに生きられるマインドを手に入れ、好きなことを仕事に出来るようになったことも、勇気を出してその一歩を踏み出したことから始まったのだろうと思えます。

というか、あまりに苦しすぎて切羽詰り、その場には立っていることすら出来なかった、出さざるを得なかったというのが正直なところかもしれません。

 

はじめの一歩が一番エネルギーを必要とし、大きな勇気が必要。

でも、踏み出してみると、案外思う程しんどくなかったりして。

人は、やって来てもいない未来に対して大きな恐れを抱くように出来ていますので、それをエネルギーに換えて、動いていけばいいだけ。

とはいえ、一人では中々心細く、二の足を踏み続けているなら、誰かの力を借りてとにかく動いてみましょう。

私は今51歳ですが、人はいくつからでも変わることができると言えます。

そして、夢は見るモノではなく叶えていくもの。

どんなにスゴイ知識や技術を得ても、行動できなければそれは得ていないのと同じなのですから。

 

客観的に自分を見る~傷だらけの私。

16.11.06

前回の続きです。

自分の本音に気づいていく~コーチングにたどり着くまで。

タイミングは最悪でした。

何せ、コーチングクライアントの公募が終わった直後だったから。

「きっと無理だなぁ・・・」

そう思っても、どーしても、どーしても、どーしても諦めきれない。

でも、コーチングはタイミングこそ命。

迷い迷っていましたが、メールで問い合わせる気にもならず、2ヶ月ほど先にあったセミナーで直談判しようと決めました。

そして・・・・。

「今すぐは無理だけど、少し待ってもらえたら大丈夫ですよ」とあっさりOKを。

その時の感激は忘れられません。

何だか、もう私の人生は大丈夫だ!!!くらいの歓びでした。

そうして、2013年3月。

ワタナベ薫コーチとのコーチングセッションはスタートしました。

「なおさんは、今、沢山の矢が刺さったまんまだよ。傷だらけ・・。先に、矢を抜いて傷を癒しましょう」

3ヶ月全12回のセッションで、私は半分くらい泣いてました。

病になって障害を持ち、ぼろ雑巾のようにくたびれても、怖いくせに意地を張り、誰にも助けてと言えず、子供が成人するまではと、張りつめて生きていた。

「でももう、こんなにがんばらなくていい」

沢山の癒しと、自分への赦しを少ぅしずつ少ぅしずつ、自分に与えていきました。

そして、固く固く縮こまったココロは少しずつ解きほぐされ、自分の人生のハンドルを自分の手に取り戻していくのでした。

img_3099

続く。

 

自分の本音に気づいていく~コーチングにたどり着くまで

16.11.05

 

超ネガティブでマイナス思考で、A型で長女の私は、いつもいつも自分を責めていました。

自分が大っ嫌いで。

お客さまにそんなことを話すと、決まって「今の武田さんからは全く想像が出来ない」と言われます。

確かにそうかもしれません。

もう怖いもんなしの今(笑)

img_3604

 

自分が好きか?と言われたら、「好き」というのは照れます。

でも、もし生まれ変わっても自分でもいいかなぁとは思えるようになりました。

ヘンな奴ですけどw

 

こんな風に自分の全てを受け入れて、自分の最大最愛の味方でいることが出来るようになったのは、今やベストセラー作家になった、私のメンター・ワタナベ薫さんのブログとの出逢いのお蔭。

◆ワタナベ薫さんのブログ・美人になる方法

「このブログを読み続けたら、私は変われるかもしれない。」

そう思えて、むさぼるようにブログを読み、セミナーがあれば参加し、音声プログラムに取り組み、書き出し、書き出し、書き出し・・・。

 

p1010016

 

初めて「コーチング」なるものと出逢いました。

 

自分の感情の扱い方。

自分を大切に扱うこと。

セルフイメージを変える。

やりたいことをやる。

いっこいっこ丁寧に自分と向き合いながら、私は少しずつ、本当の自分を見つけていきました。

 

そして。

 

私にも遂に夢が出来て、ワタナベさんにコーチングを申し込むことに

p2010126

 

続く。

 

コーチングとは?

16.11.03

img_3540-2

こんにちは♪武田です。

コーチング・カウンセリング・コンサルティング・ティーチング・・・。

何だかどれも良く似ていて、一体何が違うのか?

というところを、書きたいと思います。

ティーチングは教え導く。コンサルティングは売り上げを上げるために実情を分析して指導する。

カウンセリングが、「現在から過去のこと」を扱うのに対して、コーチングは「現在から未来」を扱う。

コーチとは、

夢や目標が出来た時に、共に伴走し、支えてくれる人。

一切の否定やコントロール・ジャッジがなく、全てを受け入れてくれるので、素直なありのままの言葉を安心して伝えられる存在。

あなたの中にある答えを引き出してくれる人。

モチベーションを上げ、時に慰め、癒し、力を与える人。

夢を実現するために、現在の立ち位置を見極め、行動に移していけるようにサポートする。

クライアントとコーチも、別の価値観を持った人間だということを理解し、トレーニングを受けています。

求められれば提案やアドバイスはしますが、それを採用するかどうかはクライアント次第。それらを聴くことによって「自分はこう思う」が、はっきり浮き出ることがあるのです。

・・・少し、理解が深まったでしょうか?こんな立て分けかなと思っています。

私が提供するのは、サロンオーナー向けのコーチングです。(詳細はもうしばらくお待ち下さい)

そこに、潜在数秘術などであなたの素質を見て、出来るだけストレスがなく、あなたらしく、無理なく楽しく進んでいけるようにサポートします。

元々、あなたは「それ」が好きすぎて、仕事に選ばれました。

でも、好きなだけでは経営を続けることは難しい。

経営を軌道に乗せるにはセオリーや法則があります。そして、マインドが大切。

一足飛びにはいかないから、コツコツとやり続けられる継続力も必要。

特にコーチングを学んだりしなくても、セルフコーチングが出来るようになれば、自分で問題を見つけ出し、解決方法を探し、より行動的になっていきます。

そして、自立型のサロンオーナーになっていきましょう♪

まるで一気に花が咲いたように見えるかもしれない私ですが、地獄を見て、自分と向き合い、本来の姿を取り戻すために、5年という月日が必要でした。

次回は、そんな私がコーチングを受けてどうなったか?を書きたいと思います。

ではまた♪